アフィリエイトで稼いだら確定申告は必要?

アフィリエイトで副業をしたときには確定申告をするものだと聞いたことがある人もいるでしょう。

しかし、本当に確定申告をする必要があるのでしょうか。

手続きも面倒だし、仕組みもよくわかっていないからサボってしまいたいと思う人もいるかもしれません。

アフィリエイトをするときに知っておきたい確定申告の必要性について確認しておきましょう。

アフィリエイトの利益が出たら確定申告が必要

アフィリエイトをしている人は誰もが確定申告をしなければならないというわけではありません。

確定申告をする必要があるのはアフィリエイトによって一定以上の利益を得た人で、税法によって確定申告と納税の義務が課されています。

どのくらいの利益を得たら確定申告をする必要があるかはアフィリエイトを本業としているか副業としているかによって違い、本業なら年間所得が38万円を超えた場合、副業なら年間所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

また、他の副業もしている場合には合算して38万円または20万円を超えたときに確定申告をしなければならないので注意しましょう。

注意しておきたいのは利益の意味で、アフィリエイトで基準を超える収入を得たとしても確定申告が不要な場合もあります。

利益に相当する税制上の用語である所得は収入から必要経費を差し引いたものです。

アフィリエイトをするために専用のパソコンや勉強のために書籍を購入したり、アフィリエイトのためにコワーキングスペースを使ったりしたときにはその費用を必要経費として引き去ることができます。

その差し引きが基準を超えてしまった場合には確定申告をする必要が生じるので、必要経費を増やして所得を基準以下に抑えることも可能です。

確定申告をすると副業でアフィリエイトしていることが会社にバレる?

会社によっては副業が禁止されていてアフィリエイトで収入があるのはまずいのではないかと考える場合もあるでしょう。

確定申告をするとアフィリエイトの副業が会社にバレてしまうのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

基本的にはアフィリエイトをしているという事実は直接的にバレることはありませんが、何か副収入があることは気づかれてしまうリスクがあります。

確定申告をするのは副業以外の場面でもよくあるので特に問題はありません。

ただ、翌年の住民税が高めになってしまうので副収入があるとわかってしまうのです。

住民税を自分で納める形にしてしまえばこの問題は解決されるので確定申告のときに変更しておきましょう。

確定申告をしないとどうなる?

確定申告をしなければならないくらいアフィリエイトで稼いでいても、面倒だし納税をしたくないから確定申告をしないで済ませてしまおうと考える人もいるでしょう。

基準以上の所得がある場合に確定申告をするのは日本国民の義務なので、違反した場合には罰せられることになってしまうので注意が必要です。

確定申告をしなかった場合には無申告加算税と延滞税を納めることになるのが一般的です。

無申告加算税は確定申告の期限までに所定の手続きをしなかった場合に課される罰則で、税額に応じて金額が決まっています。

ただ、無申告だったことに正当な理由があって説明できる場合や、過去5年間に無申告加算税や重加算税を課されたことがない場合などといった条件を満たしていると、期限後申告をしても無申告加算税が免除される場合があります。

無申告加算税は納税する金額がゼロだったとしても課される罰則ですが、アフィリエイトで大きな利益を上げていて納税しなければならない場合にはその督促状が送られてくるのは当然でしょう。

その税額は期限までに納めた場合よりも高くなってしまいます。

その追加分に相当するのが延滞税で、申告期限から申告書を提出した日に至るまでの期間の長さに応じて決まる仕組みになっているのが特徴です。

年単位で遡って徴収されることになると莫大な金額になることもあるので期日内に納めておくに越したことはありません。

アフィリエイトで収益化できたら確定申告も忘れずに

アフィリエイトで稼ぐのに成功したときに備えて、始めた段階から確定申告については準備を整えておくのが肝心です。

収益化できて確定申告をしなければならない基準を超えて稼いだかどうかは自分で判断しなければなりません。

きちんと収益を管理して確定申告の必要性を確認できるようにしておきましょう。

確定申告の手続きがわからないときには税務署に相談をすれば丁寧に教えてくれます。

節税をしたいなら税理士に相談して対策をしてもらうことも可能なので、不安があるなら一人で悩まずにきちんとしたやり方で確定申告をできるようにしましょう。